知らないから落ちる面接の4点減点法の4つのポイントです。

面接を制する者就活を制す!知らないから落ちる面接の4点減点法の4ポイント

 

就職活動で一番大切なものは何か知ってますか?

就活用の髪型、就活でのメールマナー、就活用に地味なメイク、履歴書の写真、リクルートスーツ、履歴書の書き方、エントリーの仕方、就活本を読みあさること・・・・・・

それらも大切ですが、

 

一番大切なこと、就活では面接です。

 

就活がうまくいかないのは面接に自信がないから。面接で自信が持てる方法を知れば、そのほかの表面的な部分やテクニックは、すんなりと身につくものです。

 

就活での最終決戦は面接です。

 

「面接を制する者就活を制す!」

 

「なんで??・・・なぜ面接で失敗するんだ!?」

 

「どうして私は面接でダメなんだろう?」

 

頑張ったのに、内定がもらえない・・・

 

そんな、あなた、落ち込んでませんか?

 

元面接官が、採用される方法をお教えします。

 

早々と複数の採用を勝ち取っている人も、実は誰でもできることしかやっていません。

 

あることを知っているか知らないか。これが大きなポイントです。

 

採用を勝ち取る人たちは、いったい面接でどんな話しをしていると思いますか?

 

知らないから落ちる面接の4点減点法はシンプル

 

実はとてもシンプルです。

 

採用と直結した話をシンプルにしているだけなのです。

 

あなたは採用されなかった時、あなたに欠けているものが、自己PRの内容や志望動機の文章かと思い、、一生懸命考え直しては、練習しているのではありませんか?

 

学校の就職課で聞いたり、面接本を読みあさって頑張っていませんか?

 

そういう努力もいいのですが、それより先にすることがあります。

 

というより、就職面接に関係のない、無駄なことは一切やめて、先にするべきことがあります。

 

時間を無駄にしないで欲しいと思います。

 

就活、面接の一番大切なこと、人と人のコミュニケーションの場を創り上げることなのです。

 

就活で一番大切なもの。

 

髪型、メールマナー、メイク、写真、スーツ、履歴書、エントリー・・・ではなく

 

就活では、まず面接です。

 

就活がうまくいかないのは面接に自信がないから。

 

まず、面接で自信が持てる方法を知れば、その他のテクニックも楽になります。

 

実際の面接の場で、面接官があなたに何を言ってもらいたいのか、そこが一番のポイントになってきます。

 

長く苦しい就職活動は、そこからの逆算で準備すべきです。

 

現在の就職活動はやることが多すぎます。枝葉の情報が多すぎて、必要最小限の本質が見逃されています。そこが見えなくなっているので、やることが多すぎると感じるのです。

 

採用される面接4つのポイントです。

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイントを解説します。

知らないから落ちる面接の4点減点法

ちょっと読みにくいサイトですが、じっくり熟読して下さい。

『知らないから落ちる面接の4点減点法』通称「知ら落ち」のポイントが分ります。


「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイント