圧迫面接の内容や質問

採用される面接4つのポイントです。

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

↓↓↓採用される面接の4つのポイントをもっと詳しく
知らないから落ちる面接の4点減点法

圧迫面接の内容や質問

「字が汚いですね」

 

「平凡な趣味ですね」

 

「大学の成績が良くないですね。」

 

などの怒り出したくなるような質問、

 

 

「信仰している宗教はありますか?」

 

「恋人はいますか?」

 

「支持政党はどこですか?」

 

といったごく個人的な質問、

 

 

「私はそう思わないよ」

 

「君は営業向きじゃないね」 

 

などのように、あなたが発言したことを否定して圧力をかける、

 

 

「内定を出したら、入社する確率は何パーセントですか?」

 

「当社に不採用の場合どうしますか?」

 

「弊社には向いていないようだね」

 

と、あたかも不採用をほのめかすような圧力をかける、

 

 

ほかに、あなたの発言や答えに対して、

 

反応をせずに、次の質問にうつったり、

 

机の履歴書にやメモに目を落としたまま、

 

あなたの方を見なまま、面接をすすめようとする、

 

 

といった、さまざまな圧迫面接が行われるようです。

 

 

しかし、どんなときも冷静さを失わずに、

 

落ち着いた態度を崩さないようにしてください。

 

採用される面接4つのポイントです。

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイントを解説します。

知らないから落ちる面接の4点減点法

ちょっと読みにくいサイトですが、じっくり熟読して下さい。

『知らないから落ちる面接の4点減点法』通称「知ら落ち」のポイントが分ります。


「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイント

圧迫面接の内容や質問関連エントリー

圧迫面接の対応と評価