趣味欄

採用される面接4つのポイントです。

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

↓↓↓採用される面接の4つのポイントをもっと詳しく
知らないから落ちる面接の4点減点法

趣味欄

趣味のところによくあるのが、音楽鑑賞、スポーツ観戦、映画鑑賞、

 

テニス、スキー、読書、といいった具合の、

 

単語または単語と同義語の、短いものです。

 

例えば「スポーツ観賞」といっても、

 

野球も、ゴルフも、テニスも、観賞するのが好きなのかもしれません。

 

一つだけなのか、複数好きなのか、

 

またテレビでみるだけで満足なのか、

 

試合を生で見る機会を多いのか、

 

こういった具体性をもう少し加えて、「スポーツ観賞」を膨らませて、

 

書いておきましょう。

 

 

履歴書を見て、ある程度のあなたの全体像が、

 

相手に伝わる努力をしたいものです。

 

そして書いたことがあなたへの興味につながると、

 

さらによいのですが、

 

奇抜な趣味をかいた方がいいのか、というと、

 

そうでもありません。

 

あまり突拍子もないことで、警戒されてもマイナスです。

 

 

ありきたりだな、と思える趣味でも、

 

それを具体的に書き加えることで、あなたを他のひとと差別する、

 

かっこうの手段ともなります。

 

好きな選手、大会の記録、試合会場のことなど思い出しながら、

 

あなた独自視点で書いてみましょう。

 

 

採用される面接4つのポイントです。

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイントを解説します。

知らないから落ちる面接の4点減点法

ちょっと読みにくいサイトですが、じっくり熟読して下さい。

『知らないから落ちる面接の4点減点法』通称「知ら落ち」のポイントが分ります。


「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイント

趣味欄関連エントリー

特技欄