想定外の質問

採用される面接4つのポイントです。

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

↓↓↓採用される面接の4つのポイントをもっと詳しく
知らないから落ちる面接の4点減点法

想定外の質問

予想できる質問には、回答を自分なりに考えて、

 

準備は周到にできたと思っていても、

 

いざ本番の面接では、想定外の質問もあるはずです。

 

そんなときに、頭が真っ白になってしまって、

 

言葉が全くでないようでは、不合格に一歩近づいてしまいます。

 

また、何を答えていいのか、とっさに判断できなくなって、

 

「えー」「あのー」などを連発しているのも、いただけません。

 

 

全く予想していなかった質問がでたとき、

 

面接官はあなたがどんな態度をとるのかを、みています。

 

 

まずは気持ちを動転させないために、

 

想定外の質問をされたときに、あなたがすることは、

 

落ち着いた声と態度で「はい」とはっきり返事をすることです。

 

 

「はい」とはっきり口から出すことで、

 

ほんの1秒か2秒ですが、間をつくることができます。

 

頭のなかで、「どうしよう!」と叫んでしまったとしても、

 

それを表にだしてはいけません。

 

動揺した態度は減点対象になることでしょう。

 

 

想定外の質問がきても、「はい」とはっきり返事をすることで、

 

1〜2秒の間、気持ちを落ち着け、

 

頭をフルに回転させることができるでしょう。

 

採用される面接4つのポイントです。

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイントを解説します。

知らないから落ちる面接の4点減点法

ちょっと読みにくいサイトですが、じっくり熟読して下さい。

『知らないから落ちる面接の4点減点法』通称「知ら落ち」のポイントが分ります。


「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイント