想定質問に対する答えを用意する

採用される面接4つのポイントです。

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

↓↓↓採用される面接の4つのポイントをもっと詳しく
知らないから落ちる面接の4点減点法

想定質問に対する答えを用意する

面接ではいったい何をきかれるのでしょう。

 

面接官はあらかじめ質問事項を決めておいて、

 

その中からいくつかを、目の前の応募者に問いかけています。

 

ですから、どんな質問をされるのかがもしわかっていれば、

 

答えを用意しておくことができます。

 

しかしあらかじめ知らされることはないので、

 

いきあたりばったりの面接だと、

 

まとまった応答も難しくなり、合格をかちとるには程遠くなります。

 

 

そこで、面接官がしてくるであろう質問を予想してみて、

 

自分なりの答えを用意して練習してみるといいでしょう。

 

面接官の立場だったら、何が聞きたいかと考えても、

 

なかなかでてくるものではないので、

 

そこは在学学生の先輩の経験から教えてもらったり、

 

OBのいる会社であれば、訪問してでも、

 

面接の時の質問を教えてもらって、

 

それにどう答えたらいいのかを考えておくといいです。

 

 

質問と回答を沢山用意しておくほど、

 

気持ちも落ち着いてきますし、

 

今後の面接にも生かしていけるので、

 

かならずノートなどにまとめておくといいと思います。

 

その際は、自分で書いて、考えをまとめた方が、

 

記憶しやすいものです。

 

採用される面接4つのポイントです。

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイントを解説します。

知らないから落ちる面接の4点減点法

ちょっと読みにくいサイトですが、じっくり熟読して下さい。

『知らないから落ちる面接の4点減点法』通称「知ら落ち」のポイントが分ります。


「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイント

想定質問に対する答えを用意する関連エントリー

志望動機と同じ質問は
想定外の質問