守りの志望動機

採用される面接4つのポイントです。

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

↓↓↓採用される面接の4つのポイントをもっと詳しく
知らないから落ちる面接の4点減点法

守りの志望動機

入社したい会社が決まったら、

 

業界や企業の研究をしておきましょう。

 

広く浅い業界研究になってしまうかもしれませんが、

 

全く知らないでは、話しになりませんし、

 

面接官が、希望する仕事などを質問してきた場合、

 

つっこまれるとお手上げ状態になりかねません。

 

最低限、日経新聞に目を通すとか、

 

ヤフージャパンで志望する企業名で検索して、目を通しておくとか、

 

業界研究本、業界紙などを見ておかれるのをおすすめします。

 

 

広く浅い視野からの研究という意味で、

 

守りの志望動機といえます。

 

この視点を持って志望動機をあなたらしく構築してみましょう。

 

しかしこの視点で面接官と意見しあうことはさけましょう。

 

業界に長く身をおいているのですから、

 

太刀打ちできるはずはありません。

 

採用される面接4つのポイントです。

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイントを解説します。

知らないから落ちる面接の4点減点法

ちょっと読みにくいサイトですが、じっくり熟読して下さい。

『知らないから落ちる面接の4点減点法』通称「知ら落ち」のポイントが分ります。


「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイント

守りの志望動機関連エントリー

会社が望むのは
本気度
攻めの志望動機をもつ