会社が望むのは

採用される面接4つのポイントです。

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

↓↓↓採用される面接の4つのポイントをもっと詳しく
知らないから落ちる面接の4点減点法

会社が望むのは

面接官はすでに自分の会社の長所、短所をしっています。

 

業界のライバル会社の特徴も知っています。

 

ですから、会社の案内のような志望動機がききたいわけではありません。

 

よく調べたな、という印象だけでは、

 

あなたの、この会社で働きたいという気持ちが、

 

なかなか伝わってこないものです。

 

 

そこで、会社から求められているのは、

 

気持ちがこもった、会社への情熱が感じられるものがよいでしょう。

 

「そんなに入りたいと思っているのか」と、

 

面接官が心を動かしてくれるものがよいですね。

 

 

ポイントはあなたの気持ちがストレートに表現されていて、

 

会社への愛情のような強い思いがこもっていると、

 

面接官としては、非常に興味を持つものです。

 

熱い思いは、ラブレターに似ているかもしれません。

 

 

ラブレターを書くときの気持ちを思い起こして、

 

志望動機を作成してみてください。

 

採用される面接4つのポイントです。

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイントを解説します。

知らないから落ちる面接の4点減点法

ちょっと読みにくいサイトですが、じっくり熟読して下さい。

『知らないから落ちる面接の4点減点法』通称「知ら落ち」のポイントが分ります。


「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイント

会社が望むのは関連エントリー

本気度
守りの志望動機
攻めの志望動機をもつ