志望動機

採用される面接4つのポイントです。

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

↓↓↓採用される面接の4つのポイントをもっと詳しく
知らないから落ちる面接の4点減点法

志望動機

自己紹介とともに重要な、志望動機。

 

必ずはっきりと答えられるようにしておきたいものです。

 

まずは自分なりに、考え出した志望動機を文章におこしてみる。

 

それから、模範的な志望動機を探してみて、

 

他の人の志望動機の研究をしてみます。

 

その中でも、自分の希望する会社にすでに入社している人の志望動機があれば、

 

さらにいいですね。

 

同じ業界にはいった人のものも、参考になります。

 

 

そういった研究はおこたらない方がいいでしょう。

 

採用された人のものと、自分の考えた志望動機を、

 

比較検討して、さらに志望する会社のパンフレットなどから、

 

改めて動機を追加して、考えなおしてみると、

 

説得力のある志望動機が、作成できるでしょう。

 

志望動機記事一覧

会社が望むのは

面接官はすでに自分の会社の長所、短所をしっています。業界のライバル会社の特徴も知っています。ですから、会社の案内のような志望動機がききたいわけではありません。よく調べたな、という印象だけでは、あなたの、この会社で働きたいという気持ちが、なかなか伝わってこないものです。そこで、会社から求められているの...

≫続きを読む

本気度

志望動機は、あなたがこの会社で働きたいと、本当に考えているのかどうか、それを見抜くものでもあります。たとえ面接の練習のつもりも、志望動機ははっきりと、熱烈な思いが伝わるようにしたほう方がいいでしょう。生半可な気持ちの希望者に、長時間を費やすほど、企業はひまではありません。いい加減な気持ちか熱心かは、...

≫続きを読む

守りの志望動機

入社したい会社が決まったら、業界や企業の研究をしておきましょう。広く浅い業界研究になってしまうかもしれませんが、全く知らないでは、話しになりませんし、面接官が、希望する仕事などを質問してきた場合、つっこまれるとお手上げ状態になりかねません。最低限、日経新聞に目を通すとか、ヤフージャパンで志望する企業...

≫続きを読む

攻めの志望動機をもつ

会社の一般論を動機にするのでなく、学生である自分の考えや、経験による動機付けが、何よりもあなた独自の志望動機となります。自分が行いたい企画や、研究などを、具体的に考えて、明らかにできるようにしておきましょう。面接官は会社の代表ですから、会社に利益をもたらす人を採用したはずです。そこでこの人なら、会社...

≫続きを読む

採用される面接4つのポイントです。

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイントを解説します。

知らないから落ちる面接の4点減点法

ちょっと読みにくいサイトですが、じっくり熟読して下さい。

『知らないから落ちる面接の4点減点法』通称「知ら落ち」のポイントが分ります。


「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイント