自己PRとの違い

採用される面接4つのポイントです。

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

↓↓↓採用される面接の4つのポイントをもっと詳しく
知らないから落ちる面接の4点減点法

自己PRとの違い

「自己PRをしてください」という質問と、

 

「自己紹介」とは何が違うのだろうか。

 

 

面接そのものが、その会社にはいるための、

 

自分を売り出す場であると考えれば、

 

自己紹介と自己PRは、ほぼ同じ意味であるといえます。

 

こんなことができます、といった積極的な売り込みが、

 

自己PRの方にないとはいえませんが。

 

 

やはり、どちらも、「自分が何をやってきたか」が問われています。

 

その「何」をまず決めて、そこから何を学んだか、

 

何を生かしていけるか、どんなコツを見つけたか、

 

といった自分なりの考えを、導きだせるとよいでしょう。

 

 

面接官はあなたの経験談の羅列を聞きたいわけではありません。

 

面接官がもっと聞きたいと思うようなこと、

 

そして経験から得たものが、会社で生かせるかどうか、

 

という視点で、あなたを見ているはずなのです。

 

 

採用される面接4つのポイントです。

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイントを解説します。

知らないから落ちる面接の4点減点法

ちょっと読みにくいサイトですが、じっくり熟読して下さい。

『知らないから落ちる面接の4点減点法』通称「知ら落ち」のポイントが分ります。


「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイント