自己紹介で言うべきこと

採用される面接4つのポイントです。

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

↓↓↓採用される面接の4つのポイントをもっと詳しく
知らないから落ちる面接の4点減点法

自己紹介で言うべきこと

では自己紹介では、どんなことを話したらいいのでしょう。

 

これまで何をしてきたか、が問われているといえます。

 

これまで自分はいったい何をしてきたのか。

 

これまでの経験や出来事について、過去を振り返ってみましょう。

 

 

与えられた自己紹介の時間で、いかに自己アピールするか。

 

幼いころからの経歴を披露するといいのでしょうか。

 

出身地や育った家庭の話しをしていくのがいいのでしょうか。

 

面接官が聞きたいのは、いったいどんなことなのだろう、

 

そう、立場を変えて考えてみるのもいいですね。

 

面接の場で、あなたという人物を知るにあたり、

 

相手が望んでいるものは、いったい何なのか。

 

 

5分〜10分という時間は、長いようで意外と短い。

 

あなたをこの短時間に表現するには、

 

直近の出来事で、あなたが感動したり、関わりをもった中から、

 

選んでみるといいのではないでしょうか。

 

面接官は、小中学校時代の、思い出話を、

 

聞きたいと思っているわけではないはずです。

 

何時間でも話していたい、聞いてもらいたい、と思うような話しなら、

 

いきいきとした自分を表現するのに相応しいと考えられます。

 

 

採用される面接4つのポイントです。

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイントを解説します。

知らないから落ちる面接の4点減点法

ちょっと読みにくいサイトですが、じっくり熟読して下さい。

『知らないから落ちる面接の4点減点法』通称「知ら落ち」のポイントが分ります。


「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイント