自己紹介で言ってはいけないこと

採用される面接4つのポイントです。

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

↓↓↓採用される面接の4つのポイントをもっと詳しく
知らないから落ちる面接の4点減点法

自己紹介で言ってはいけないこと

一般的に「協調性がある」「指導力がある」「好奇心がある」

 

「社交性がある」「企画力がある」という言葉で、

 

表現しようとする人が多いようだ。

 

しかし、自分がいくら「指導力」があって「社交性」がある、

 

優秀な人物だ、といっても、相手の面接官が、

 

同じように思ってくれるとはかぎりません。

 

自己紹介を聞いたあと、面接官が、

 

「協調性がある」「指導力がある」「好奇心がある」

 

「社交性がある」「企画力がある」という言葉を、

 

面接の記録に書き記してくれなくては、意味がありません。

 

 

では、そのように面接官に判断してもらえるように、

 

どう自己紹介しなくてはならないか、と考えてみましょう。

 

 

自分のこれまでの経験などを、じっくりと思い返して、

 

まとめる作業が必要になるかもしれません。

 

 

採用される面接4つのポイントです。

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイントを解説します。

知らないから落ちる面接の4点減点法

ちょっと読みにくいサイトですが、じっくり熟読して下さい。

『知らないから落ちる面接の4点減点法』通称「知ら落ち」のポイントが分ります。


「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイント