自己紹介の練習方法

採用される面接4つのポイントです。

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

↓↓↓採用される面接の4つのポイントをもっと詳しく
知らないから落ちる面接の4点減点法

自己紹介の練習方法

あらかじめ自己紹介文章ができあがったら、

 

ほぼ完全にアドリブなしでいえるように、

 

言葉に出しての練習をおすすめします。

 

時計を見て、時間は正確にはかってください。

 

 

5分でと決めた自己紹介文章は、前後ある程度の誤差で、

 

もし、前もっての時間指定があり、

 

5分以内とか、10分以内という指定があるのでしたら、

 

必ずその時間におさまるようにします。

 

ただし指定の所要時間よりあまりに短くならないよに、

 

指定時間の約8割くらいの時間は、費やすように心がけてください。

 

 

あがってしまったり、戸惑っていると、以外に時間は、

 

過ぎ去っていきますので、時間をオーバーしないように、

 

気をつけてください。

 

 

言葉に出しての練習は、最初はぎこちないですが、

 

だんだん慣れてきたら、気持ちを込めて、

 

面接官に話しかけるように、相手の目をみるようにして、

 

実際の面接の場面を想定して、練習をしてみましょう。

 

 

もしできるならば、家族や友達に、面接官になってもらって、

 

話し方を聞いてもらっておくと、さらに安心できます。

 

 

準備をきっちりしておくと、

 

当日も落ち着いて話すことができるようになります。

 

 

採用される面接4つのポイントです。

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイントを解説します。

知らないから落ちる面接の4点減点法

ちょっと読みにくいサイトですが、じっくり熟読して下さい。

『知らないから落ちる面接の4点減点法』通称「知ら落ち」のポイントが分ります。


「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイント