自己紹介文をかいてみる

採用される面接4つのポイントです。

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

↓↓↓採用される面接の4つのポイントをもっと詳しく
知らないから落ちる面接の4点減点法

自己紹介文をかいてみる

本番の面接で、自己紹介がスムーズに行えるよう、

 

余裕をもって下準備をしておきましょう。

 

準備としては、5分〜10分程度の自己紹介文を、

 

きちんと書き出して文章として完成させてみます。

 

できれば5分の文、7分の文、10分の文と、

 

時間の単位を変えて用意した方がよいでしょう。

 

それぞれ前後の誤差が若干あるのはいいでしょう。

 

 

面接の場で、時間が指定されることもありますので、

 

ある程度時間感覚を把握しておく必要があります。

 

10分与えられたのに、2〜3分で終ってしまってはいけません。

 

5分といわれたのに、5分以上たってもちっとも終る気配もない、

 

というのもいただけません。

 

 

その場の雰囲気で、途中途中に質問がはいって、

 

長くなる場合もあるかもしれませんが、

 

あらかじめ対策として、自己紹介のまとまった文章を、

 

最後まで完結していえるようにしておけば、

 

自己紹介の準備はととのっていきます。

 

 

とにかく本番で迷ったりあわてたりすることのないよう、

 

当たり前のことですが、自分をきっちりと紹介できるようになっておきましょう。

 

 

採用される面接4つのポイントです。

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイントを解説します。

知らないから落ちる面接の4点減点法

ちょっと読みにくいサイトですが、じっくり熟読して下さい。

『知らないから落ちる面接の4点減点法』通称「知ら落ち」のポイントが分ります。


「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイント