面接の自己紹介

採用される面接4つのポイントです。

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

↓↓↓採用される面接の4つのポイントをもっと詳しく
知らないから落ちる面接の4点減点法

面接の自己紹介

自己紹介は、面接のときに最も重視される、

 

大切なもののひとつといえます。

 

初めて会った面接官に、自分をほんの5〜10分程度でわかってもらう、

 

貴重な時間です。

 

用意はできていますか?

 

自分のことなのに、上手くいえなくてしどろもどろ、

 

なんてことはないでしょうか。

 

面接官は、あなたが自分をどう表現してくるのか、

 

楽しみにしていることでしょう。

 

そして今回の面接において、あなたが期待する社員になりそうなのかどうか、

 

この自己紹介で、見極めたいとも思っているのです。

 

 

面接の自己紹介記事一覧

自己紹介文をかいてみる

本番の面接で、自己紹介がスムーズに行えるよう、余裕をもって下準備をしておきましょう。準備としては、5分〜10分程度の自己紹介文を、きちんと書き出して文章として完成させてみます。できれば5分の文、7分の文、10分の文と、時間の単位を変えて用意した方がよいでしょう。それぞれ前後の誤差が若干あるのはいいで...

≫続きを読む

自己紹介の練習方法

あらかじめ自己紹介文章ができあがったら、ほぼ完全にアドリブなしでいえるように、言葉に出しての練習をおすすめします。時計を見て、時間は正確にはかってください。5分でと決めた自己紹介文章は、前後ある程度の誤差で、もし、前もっての時間指定があり、5分以内とか、10分以内という指定があるのでしたら、必ずその...

≫続きを読む

自己紹介で言ってはいけないこと

一般的に「協調性がある」「指導力がある」「好奇心がある」「社交性がある」「企画力がある」という言葉で、表現しようとする人が多いようだ。しかし、自分がいくら「指導力」があって「社交性」がある、優秀な人物だ、といっても、相手の面接官が、同じように思ってくれるとはかぎりません。自己紹介を聞いたあと、面接官...

≫続きを読む

自己紹介で言うべきこと

では自己紹介では、どんなことを話したらいいのでしょう。これまで何をしてきたか、が問われているといえます。これまで自分はいったい何をしてきたのか。これまでの経験や出来事について、過去を振り返ってみましょう。与えられた自己紹介の時間で、いかに自己アピールするか。幼いころからの経歴を披露するといいのでしょ...

≫続きを読む

自己PRとの違い

「自己PRをしてください」という質問と、「自己紹介」とは何が違うのだろうか。面接そのものが、その会社にはいるための、自分を売り出す場であると考えれば、自己紹介と自己PRは、ほぼ同じ意味であるといえます。こんなことができます、といった積極的な売り込みが、自己PRの方にないとはいえませんが。やはり、どち...

≫続きを読む

本当に自分の自己紹介はこれでいいのか

面接をうけたことがない人にとっては、初めての面接にとても緊張して、大きな挫折感を味わう人もいるようです。一番最初に、本命の会社の面接をし、不合格になってしまうと、絶望的な気分になることでしょう。慣れていないのに、一発で採用を勝ち取ることは、難しいと思っておいた方がいいようです。できれば本命の会社は、...

≫続きを読む

採用される面接4つのポイントです。

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイントを解説します。

知らないから落ちる面接の4点減点法

ちょっと読みにくいサイトですが、じっくり熟読して下さい。

『知らないから落ちる面接の4点減点法』通称「知ら落ち」のポイントが分ります。


「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイント