面接のマナー

採用される面接4つのポイントです。

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

↓↓↓採用される面接の4つのポイントをもっと詳しく
知らないから落ちる面接の4点減点法

面接のマナー記事一覧

面接のマナー

会社の面接にあたって、心得ておきたいマナーを考えてみます。マナーは、その場に相応しい態度のこと、立ち居ふるまい方といってもいいでしょう。初めて会う面接官に、好印象をもってもらい、スムーズな面接が行えるようにしたいものです。面接官に最初から好印象を与えることができれば、他の応募者よりも、一歩先に出たも...

≫続きを読む

質問を受けるときのマナー

会社の面接では、面接官は複数人おかれているのが一般的でしょう。こちら側は一人という場合が最も一般的でしょうから、面接室で向かい合ったときに、緊張してしまう人もあるでしょう。面接を受ける前までに、上がってしまったり、緊張でものがいえなくなってしまうなどは、事前に解決しておきましょう。さて面接の場では、...

≫続きを読む

服装などの身だしなみ

服装などの身だしなみについては、まず第1に、清潔感が感じられるものであることです。そして華美にならず、常識の範疇ということを考えて、選ぶようにしましょう。スーツの色目は黒、紺、グレーが中心で、きっちりとした印象を与えます。髪は極端な毛染めを避け、挨拶で頭を下げたときに、下がった前髪をかきあげなくても...

≫続きを読む

面接官に与える印象

最初の見た目で、面接官はあなたに対するおよそのイメージを、決めてしまいます。最初の約10秒ほどであなたのほぼ全体像を、感覚的に理解するといわれています。10秒といえば、あなたの足元から頭の先まで、ノックをして扉から入り着席するまで、ほぼこの間だけで、あなたがどんな人なのかを、把握するということになり...

≫続きを読む

採用される面接4つのポイントです。

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

1・面接時に他者と差をつける簡単な「ある行動」を行う。
2・自己紹介では3つの「ある要素」を入れて話す。
3・志望動機には「ある場所」から入手した情報を含めて話す。
4・面接後に勝敗を分ける決定的な「ある行動」を行う。
以上の点を行なっていただくことで、あなたは面接でもう不安になることはなくなります。

「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイントを解説します。

知らないから落ちる面接の4点減点法

ちょっと読みにくいサイトですが、じっくり熟読して下さい。

『知らないから落ちる面接の4点減点法』通称「知ら落ち」のポイントが分ります。


「文例集付」知らないから落ちる面接の4点減点法・採用される面接の4つのポイント